お問合せEnglish
ISO/TC227活動紹介

  ISO/TC227活動紹介

ISO/TC227 ばね 第13回バンコク国際会議開催される

 「ISO/TC227 ばね」は、2004年(平成16年)11月に設立されました。
同時に日本ばね工業会は、国際幹事業務引受団体となり、標準化会議の相羽繁生議長(鞄結ス製作所取締役社長)を国際幹事に選任いたしました。
 TC発足に伴い、当会は日本工業標準調査会(JISC)から国内審議団体の承認を受け、 TC227ばね国内委員会の運営に責任を持つことになりました (委員長は田邉義和潟gヨシマ取締役社長)。TC227ばね 国内委員会には、経済産業省、日本規格協会、日本ばね学会、その他ばねに関係する団体及び中立(大学)の委員が参加しております。
 「TC227ばね」では、金属ばね単品を対象とし、ばねに関係する公差、用語、記号、評価法、製造技術などの規格化を進めています。現在この活動には、12か国が参加しております。
日本から提案した「ショットピーニング第1部」及び「ばね用語」は2009年(平成21年)6月と7月にTC227初の国際規格として相次いで発行されました。 2012年(平成24年)4月及び2015(平成27年)年8月には、中国が提案した「熱間成形圧縮コイルばね」及び「重ね板ばね」が発行され、 2013年(平成25年)4月及び2017年(平成29年)3月には、日本が提案した「ばね記号」及び「皿ばね-第1部:計算式」が発行され、6つの国際規格が活用されています。

 2017年(平成29年)11月タイのバンコクで開催された第13回国際会議には、7か国が参加しました。第9回ワシントンDC国際会議において日本から提案した 「皿ばね−第2部:技術仕様」は、2回目のFDISを実施することを決議しました。また、ドイツが提案した「ばね−測定及び試験パラメーター」が 新プロジェクトとしてスタートしました。さらに、次回の国際会議は2018年(平成30年)9月にドイツのベルリンで開催することを決議しました。
ISO/TC227 ばね 第13回バンコク国際会議

  これまでのISO/TC227活動紹介
このページのトップに戻る


HOMEばね工業会について統計委員会 |ISO/TC227活動紹介 |出版書籍類一覧表リンク集本部・支部